知らなかった?「ビットコイン 最新情報」について注目してみた!

ニュース

知らなかった?「ビットコイン 最新情報」について注目してみた!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインについて、最近よく、耳にします。
ビットコイン?仮想通貨?暗号通貨?怪しいんじゃないの!?
と思われている人も多いと思います。

実は知っている人はすでに沢山稼いでいるのです。

かくなる私も去年までは、見向きもしませんでしたが、今年に入ってから、色々とやり始め、おかげさまで、稼いでいます!

1月に1ビットコインが100,000円でしたが、5/17現在で、218,854円です。
10ビットコイン1,000,000円購入していたら、2,188,540円となり、
1,188,540円儲かる計算になります。

さらに4月に仮想通貨法が施行されて上がり始め、あのアマゾンがビットコインを採用すれば、100倍まで跳ね上がるといわれています。
アマゾンが何千億というクレジット手数料を払わなくて済むので、時間の問題と言われています。

ビットコインが使えるお店は、昨年の4,000店舗から今年に入って、20,000店舗に拡大していますし、大手のみずほ銀行等も独自の仮想通貨を出す予定です。

そして、そんなビットコインを使った、様々な投資案件が右往左往しています。

此処では、ビットコインの最新情報から今、注目されている投資案件を
いくつかご紹介します。

まずは、昨年より、NHKでビットコインがニュースや特集番組で取り上げられており、
また、池上彰さんも解説していますので、その動画をご紹介します。

2016 10 29 NHK ニュース深読み 「拡大する“ビットコイン” 仮想通貨が社会を変える」Part1

池上彰さん 仮想通貨(ビットコイン)

今後は、各種支払いがビットコインでできるようになり、スイカやPASMOのように、
スマホで気軽にピ!の時代がすぐに来ます。

ビットコインだけでも、素晴らしい可能性がありますが、さらにそのビットコインを活用して、お金を増やす優良な投資案件があります。




ビットクラブ

BitClubとは、マイニング(採掘)という技術を使って暗号(仮想)通貨 の基軸通貨である「ビットコイン」を自動的に増やしていくマイニングPCレンタル投資です。

ビットコインを最新チップのコンピューターで自動的に掘り当て、次々と自分のお財布へ貯めていく事が出来る、低額投資です。
しかもそれはなんと、たったの5万円(500㌦)から始める事が出来るのです。
その5万円が1000日間、完全放置状態で16万円くらいに増えるのです。
35万円の場合、1000日間で、なんと! 100万〜120万円くらいに増えます。

もちろん!
一切のスキルも作業も要りません。

“BitCulb Network”は今年の1月に”BitFury”とパートナー契約を結び、
世界のマイニング企業ランキングにて、ランキング世界一になりました。
よって、高配当マイニング報酬が毎日獲得できます。

BitClubの特徴

①誰でもできる
②リスクが低い
③スマートフォンがあれば、スキルなどは不要
④約半年〜8ヶ月で原資を回収できる
⑤自動的に稼ぐことができる
⑥1ヶ月2億円を稼いでいる人がいる

つまり、リスクがなく少額投資で確実に収益が得られ、毎月2億円も稼げているという実績のあるのが、BitClubなのです。

詳しい内容については、下記URLをご覧ください。




ここまでくると、気になるのが税金のこと。
ウォレットから自分の銀行に送金すると、所得税という税金がかかります。

何百万円も送金したら、大変な税金がかかりますよね。

また、今現在、海外に送金すると、銀行の窓口であれやこれや聞かれ、高い手数料を取られ、2週間以上の期間がかかります。

でも安心してください。何も自分の銀行に送金する必要ないのです。

え?どうやって、ビットコインを使うの?

ビットコインのデビットカードがあるのです。

そこにチャージしておけば、気軽にビットコインで支払いができます。

まだまだ、種類は好きないですが、今後増えてくるでしょう。

いくつかご紹介します。

①Wirex

Wirexの利点としては、レスポンスの良いモバイルアプリと、複数の通貨の取り扱いUSD,EUR,GBP)を行っている点、そして世界各地への海外発送に対応しており、誰もがビットコインを所持できる点がある。また、Wirexを利用したオンライン上の購入額に限度はない。

欠点として考えられるのは、月々のSMS通知手数料がかかる点や、平均的なカード発行手数料より高い点(カード発行に17ドル、オンラインで買物をする際に利用できる”仮想”カード発行に3ドルかかる)と、カードにロードする金額とID提出なしの現金引き出しが制限されている点などがある。生涯的な引き出し限度額はIDが承認されていない場合は1,000ドルに制限されているため、KYC/AMLのID認証に準じるまで、ATMから一度に引き出せる金額は200ドルから400ドルまでと制限されている。ID承認前のカードへのロード額は2,500ドルまで制限されているが、ID提出以降は無制限となる。

Wirexはまた、ここで上げられている中でVisaではなくMastercardブランドを利用できる唯一のカードでもあり、いくつかの大型市場ではMastercardがビットコインをライバル視していた点からも興味深い点である。

②Xapo

Xapoは大半のアフリカ諸国(南アフリカを除く)や米国にはサービスを提供していない。Xapoは規制のハードルの手綱は握ることが出来ていなかったが、他の企業はうまくやっており、実証されている。

利点としてはビットコインウォレットとXapoの”Vault”の利用は無料である点だ。Vaultの特徴としてはとても優れたセキュリティと最先端の暗号化によるデータ保護、オフラインでのストレージ管理と、”軍用レベルの物理的なセキュリティ”が挙げられる。

ヨーロッパやオセアニア、米国など、地理的な要因で米国の消費者や国民に対してサービスが提供できないのだが、Xapoアカウントを持っていれば5種の通貨を直接利用してビットコインが購入できる点は興味深い。カードにロードしたビットコインは、USD、GBP、またはEURに換金することが出来る。

考えられる問題としては平均よりも高い価格(最大20ドル)であることと、居住地域次第では届くまでに35日かかること(ヨーロッパ地域には早期に届けられることが保証されている)、そして初年度以降年会費がかかる点だ。ATMでの取引限度額はWirexと同じである。1回の引き出し限度額が200ドルまでで、1日辺り400ドルまで、IDが届くまでは最大で1,000ドルまでしか引き出せない。ID認証が済み次第すべての上限が取り払われる。

1
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ