急上昇キーワード『おかか』の由来について

ニュース

急上昇キーワード『おかか』の由来について

おかかの由来は?!

・そもそも宮廷に仕える女官たちが鰹節のことを「かか」と呼んでいた。
この「かか」に接頭語の「お」が付いて「おかか」となった。

・室町時代の頃から宮廷に仕える女官が食べ物などの上品な物言いとして使い始めた独特の言葉「女房ことば」のひとつ、女房詞 (にょうぼうことば)とは、一種の隠語のようなもので、今日にも多くの言葉が伝わる。語頭に「お」を付けて丁寧さをあらわすものや、語の最後に「もじ」を付けて婉曲的に表現する文字詞などがある。

・鰹節(かつおぶし)は、カツオの肉を加熱してから乾燥させた日本の保存食品。鰹節やその他の節を削ったものを削り節と呼ぶ。おかかは、鰹節、または削り節のことを指す。
鰹節は、端を引っ掻くようにを削ることから、「御掻き端(おかきは)」と呼ばれ、それが変化しておかかとなった。

鰹節ふりかけ(おかか)の作り方 How to make of dried bonito furikake

【簡単レシピ】大根の葉で手作りおかかふりかけ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ